久しぶりに美容院に行ってきました。行きつけの美容院は、数年前に独立開業したこぢんまりしたお店で、床屋さんを兼ねています。
オーナー兼美容師(兼理容師)Yくんは、独立する前からのおつきあいです。
面倒くさがりな私の良き理解者で、手がかからない髪型にカットしてくれます。私、髪の毛は生えていればそれでいいくらいに思っているので、いつもYくんお任せで適当にカットしてもらっています。

 
さて、年金の話題が出たので、「やってる?」と、個人型確定拠出年金(個人型DC)の話をしたら「知らない」と言うYくん。
逆に、それは何ですかと聞かれました。
自営業の人はやっていなくても、確定拠出年金の存在は知っていると思っていました。
そ、そうなんだ・・・
そういえば、自営業の人とこんな話はしたことないなぁ。
 
おせっかいついでにYくんに更に聞いたところ、
老後、国民年金だけで生活できないのはわかっているけど、銀行貯金の他は、何もしていないそうです。

 
個人型確定拠出年金は、自営業者は月額6.8万円まで積立ができ、しかも所得控除され、運用益は非課税、とかなりお得な制度ですが、加入資格者約1,800万人に対して加入率は1%以下というデータがあります。
Yくんのように制度自体を知らない自営業者もいますし・・・
普及しないのは、この制度がまだまだ知られていないという他に、手数料ビジネスの金融機関にとって旨味がないから、という理由もあるようです。
金融機関に旨味がないというのは、個人から見れば、これはお得ないい制度というコトですね。
 

所得控除と聞いたYくん、早速調べてみます、と言ってました。
よかったです。
いつかYくんとDCネタで盛り上がる日が来るといいな♫
私のおせっかいも今日はここまで。

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

続きを読む

美容師さんと個人型確定拠出年金の話をしたら