どこでもドア

今日は仕事のあと、診察とリハビリに行ってきました。
骨折した部分が上下にズレたり、異変がある場合はボルトを入れる手術をする、って言われていたのでドキドキ^^;
まだ一週間程度なので骨は折れたままで変化ありませんが、異変もなし。
「このまま自然に任せていきましょう」ってことになってホッとしました。

それなのに階段でコケそうになってしまった。
エレベーターなしの中古賃貸マンション3階に住んでいるので、上り下りに時間と体力が要ります。
松葉杖に体重を預けて一段づつ、よっこらしょ。
ギプスの先端が階段に引っかかり、転ばないかわりに、怪我した方の足を思いっきり着地してしまいました。痛かった~
どこでもドアがほしいです。

エレベーターなしのマンションは、管理費が安いですが、それは若さや健康が前提にあっての話。
一旦病気やケガに見舞われれば、誰でも「弱者」の仲間入りです。そして、避けられない事実として、人はだんだんに年をとっていくものです。
うちのマンションも、そういえば1階には高齢者の世帯が多いなぁ。高齢者が住めるのはせいぜい2階までじゃないでしょうか。
ここにずっと住むつもりはありませんが、今回のケガは家について考えるいい機会になっています。
多少足腰が弱くなっても、さっと身軽に出かけられる家に住みたいものです。やっぱり中古の一戸建てかな・・

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサードリンク