初めての積立投資はセゾン投信

投資信託での投資歴3年目、まだまだ初心者です。投資を始めた頃は、「たわらノーロード」のシリーズが発売されたりと、ちょうどインデックスファンドの低コスト化が始まったときだったのを覚えています。

最初の1~2年は、投資方針もブレやすく、本当に落ち着きがありませんでした。放ったらかしで済むように投資信託にしたのに、気になるとすぐログインしたり、有名な投資ブロガーさんの発言に右往左往したり。次々と出てくる魅力的なファンドに目移りしたり。

投資経験も知識もなかったので、「これでいいのかなぁ。もっといいやり方があるのでは。」と不安でいっぱい。周りに相談できる人もおらず、孤独でした。

最初はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの積立から始めました。世界中の株と債権に時価総額ベースで投資する、長期投資にふさわしい良質なバランスファンドですが、次々出てくる低コストなインデックスファンドと比べると、ちょっと高いなぁと感じるようになりました。(三菱UFJ投信のeMAXIS Slimバランス(八資産均等型)は0.21%、驚異の低コスト!)

このモヤモヤをどう解消しようか悩んでいたところ、ちょうどつみたてNISAが始まり、思い切ってセゾンを解約しました。つみたてNISAとは別に、そのままホールドする手もありましたが、このモヤモヤ感はなくならないだろうと^^;で、セゾンに感謝しつつ、解約してスッキリと出直すことにしました。

セゾン投信は、長期投資のセミナーで全国行脚をしており、社長の中野さんには2度ほどお会いしたことがあります。ちょっと立ち話をしたり、ツーショット写真を撮らせていただいたのもいい思い出です。が、つみたてNISAが始まるころの中野さんの発言に少々違和感を感じた(ポジショントークかもしれませんが)のもあります。

楽天・全世界株式インデックスファンドが発売されて以来、セゾン投信は難しい立場に立たされているのではないでしょうか。解約した立場から言うのも変ですが、低コスト競争を生き残ってほしい。セゾン投信の今後に期待しています。

 

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ

セゾン投信に振込したのを忘れ、一ヶ月近く経過していました。
 

そうしたら、セゾン投信からメールが来ました。

セゾン投信では法令等の定めにより、振込みしたお金を、現金のまま置いておくことはできないそうです。
買付希望時に買付希望金額のみを振込んで、さっさと買い付けしてね、とのこと。
わかっちゃいるけど今、タイミングがイマイチなのです。こんなコトなら、先月振り込んですぐ買い付けしとけばよかった(あとの祭り)。
急いで買い付けの手続きをしておきました。
教訓。スポット購入はタイミングが難しい(素人の私には)。

 
 
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログランキング・にほんブログ村へ